相続が発生したあとの法律手続き

相続は誰もが経験する事件です。

その際には、お葬式や法事をとおして故人を弔うとともに、法律上の様々な手続きをする必要があります。

相続が発生したらどのような法律手続きが必要となるのでしょうか。まず相続の発生時期は法理論上、死亡の時期と定められています。

また実際に死亡していなくとも、失踪宣告という制度で死亡とみなされた場合にも相続は発生します。

このように相続の発生時期は法律によって明確に定められています。

これは争いを未然に防止するためです。

そして、相続発生後は遺産の分割手続きをすることとなります。

遺産分割は遺言書が残っている場合には、その遺言書のとおりに分割することとなります。
遺言には公正証書のものや自筆のものがありますが、いずれも有効です。

ただし、自筆証書遺言は検認の手続きを経なければなりません。

これに対して遺言書がない場合には、遺産分割協議をすることとなります。
遺産分割協議は相続人全員で行います。
後日、紛争が起こらないよう全員での合意を法律上定めているのです。この遺産分割協議によって預金や不動産などの財産を分けることとなります。


遺産について最も手続きが煩雑となる可能性があるのは、不動産です。不動産については法務局での手続き(登記手続き)が必要となります。

登記の手続きは必要な書類をそろえて申請する必要があります。

不動産については登記の専門家である司法書士へ相談されることがおすすめです。

http://www.sankei.com/life/news/140225/lif1402250024-n1.html
http://top.tsite.jp/news/celebrity/o/27709147/
http://matome.naver.jp/odai/2145334075926978101

千葉の税理士

法律の相談

相続に税理士

千葉市の弁護士

神戸の相続